123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>






Total

Today

Yesterday

第3期市民後見人養成研修(実務研修3)を東郷町民会館で行いました
2020.10.16 Friday(17:11)

 実務研修3回目の前日、台風14号の接近により一時その開催が危ぶまれましたが、当日の朝の天候は小雨程度で風も弱まり、心配は杞憂に終わってほっとしました。

 

 さて、午前の最初の講義科目は「自治体の福祉制度」で、「生活保護制度・生活困窮者自立支援法」について、日進市役所地域福祉課福祉相談係主事の春名俊和氏にご講義いただきました。「生活保護制度の仕組みが良くわかった」、「生活保護を受けるための要件は思っていたよりも厳しい」、「この地域で支給される保護費について、その具体的な金額の考え方が示されてわかりやすかった」などの感想が寄せられました。個人的には「行政は申請に来られた方を決して門前払いすることなく受け付ける」という講師の言葉が印象に残りました。

 

 続いての講義科目は「社会福祉協議会が行う権利擁護事業」でした。「日常生活自立支援事業の概要と実際」について、日進市社会福祉協議会の鈴木美知子氏にご講義いただきました。アンケートでは、「日常生活自立支援事業という言葉を初めて聞いた。とても良い事業だと思うが、この事業を知らない人はきっと多い」との率直な意見が複数寄せられました。

 

 その後は各々がワークにより、市民後見人業務日誌について、その活動報告書の書き方を学びました。基本は「5W1H」を意識して書くということでした。

 

 午後の講義では椙山女学園大学人間関係学部教授の手嶋雅史先生を講師として、「障害者を支える関係法等の知識」をテーマに、障害者権利条約や障害者虐待防止法、障害者差別解消法について学びました。講義では使用した一枚のスライドの中に、「車椅子に乗る人」と「白杖を持つ人」、そして「階段」の3つの絵がありました。先生は「この絵の中のどこに障害があると思いますか」と皆さんに問い掛けをしました。そして、障害は階段にあることを明かしました。このスライドは、障害は障害者の側にあるのではなく、社会の中にその原因があるということ示したものでした。この「医学モデル」から「社会モデル」への発想の転換に気づきを得た方も多くいらっしゃいました。

 

 そしてアンケートでは、「障害者が意見を言い行動することによって、社会が変わってきたことを知った」、「障害者が暮らしやすい社会は、皆が暮らしやすい社会である」、「自分の中にある差別意識と向き合うことが必要だ」という意見や感想が寄せられました。

 

 この日の最後に行われたグループワークでは、今日の講義を振り返り、皆さんがそれぞれ印象に残ったことを話し合いました。一番多かったのは、手嶋先生の講義の中で視聴した映像内容でした。その映像とは、ある外国のレストランで撮影されたものです。レストランで自閉症児が騒ぎ出した時、一人の男性が「みんなの迷惑だ。家に連れて帰れ」と、その家族に言い放ちました。実際には自閉症児とその家族、及びその男性は入念に演技指導を受けた役者さんだったのですが、その場に居合わせた人たちは実際にレストランに食事に来たお客さんたちで、彼らが実際にどのような行動や反応を示したのかを様々な角度から捉えた映像でした。映像の中では周囲の人たちがその男性に向かって、「迷惑を掛けているのはあなたの方よ」と口々に言い返す様子が撮影されていました。この映像を振り返り、自分がいざその場に居合わせた時、自分はいったいどのような行動をとるのだろうかと各々が想像しました。多くの方が「見て見ぬふり」をする傍観者的態度をとるのではないかと考え、なぜ自分は映像の中の人たちのような立ち振る舞いができないのかを自省するに至りました。手嶋先生は、「そこには自閉症児を自分たちの仲間だと考えるかどうか、意識の違いがある」ということを指摘しました。共生社会や差別を考えるうえで、とても示唆に富む言葉だったと思いました。

 


| 2020.10.16 Friday | 職員の業務日誌 | comments(0) |

第3期市民後見人養成研修(実務研修2)を東郷町民会館で行いました
2020.09.29 Tuesday(11:50)

 実務研修2回目の午前の科目は「民法の基礎知識」ということで、弁護士の加藤孝規先生にご講義いただきました。

 皆さんのアンケートでは、「民法と聞くととても難しいと思っていたがとても分かりやすく説明してもらってよかった」という意見が多数聞かれました。今回、民法が改正した部分の相続についても触れられ、配偶者の居住権の保護についても詳しく説明されたので、受講生からは「自分のこととして置き換え聞いていたので話が頭に入りました」という意見がありました。市民後見人として後見活動を行うにあたり、『法律に当てはめるだけではなく、本人の生活をみて相続について考えることが大切だ』という言葉がとても印象に残りました。

 午後の科目は「高齢者を支える制度」について、東郷町北部地域包括支援センターのセンター長、土井肇氏にご講義いただきました。

 介護保険の仕組みやサービスの概要について、また東郷町独自の取り組みについても説明があり、私自身はもっと詳しく知りたいと思いました。受講生の方からは、「自分自身にも役立つ、また自分の地域の包括支援センターの取り組みを知りたい」という声も聞かれました。

 

 権利擁護支援センターは、地域包括支援センターからご相談をいただき、一緒に取り組むケースも多くあります。最後に権利擁護と地域包括支援センターの役割を「権利擁護の必要性」という観点からわかりやすく説明され、「成年後見制度や日常生活自立支援事業へつながっていく説明がとても理解できた」という意見もいただきました。

 


| 2020.09.29 Tuesday | 職員の業務日誌 | comments(0) |

令和2年度成年後見セミナーを開催しました
2020.09.25 Friday(10:00)

 9月18日に尾張旭市文化会館にて令和2年度成年後見セミナーを開催しました。開催予定は6月でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から延期とし、その後開催が危ぶまれながらも、日にちを変更してこのたび無事に開催することができました。今回はホールの座席の間隔をあけ、ホールの扉を開放し、初の試みとしてZOOMで第1部の講演のみをライブ配信するなど、三密を避けて感染防止に十分留意しての開催でした。

 初めに尾張旭市長の森和実氏からご挨拶をいただき、次に当センターの理事長より挨拶を申し上げました。

 第1部の講演は、「後悔のない医療を受けるために」というテーマで「医療における意思決定支援」と題して、京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学教授の成本迅(なるもと じん)先生に登壇いただきました。

 本人の意思決定を尊重するためには時間をかけて信頼関係を築いていくことが大切であること、また自分自身のこととして置き換えて支援していくことが大切であるという言葉は、聴く人の心に深く沁み込み、本当の支援とは何か?と原点に立ち返ることができる大変充実した内容でした。

 講演の後は、第2部としてパネルディスカッションが行われました。パネリストは尾張旭市障がい者基幹相談支援センター長の村田健郎氏、尾張旭市地域包括支援センターの中野真紀氏、公立陶生病院の医療ソーシャルワーカーの水野大介氏、コメンテーターは成本迅先生、コーディネーターは当センター長の住田敦子というキャスティングでした。パネリストそれぞれの所属部署や職務の紹介をした後、「医療現場での意思決定支援の実際」と題したパネルディスカッションが行われ、実際の現場での意思決定支援について具体的な活動を聴くよい機会になりました。

 当日の参加者はZOOMの視聴者を含めて約150名、アンケートでも「自分に置き換えて考えることが大切と気づいた」「話し合うことの重要性に気づいた」など、たくさんの感想が寄せられました。


| 2020.09.25 Friday | 職員の業務日誌 | comments(0) |

第3期市民後見人養成研修(実務研修1)を東郷町役場で行いました
2020.09.16 Wednesday(13:15)

 新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から延期されていた実務研修を、感染拡大防止に留意しながら9月9日に東郷町役場にて開講しました。基礎研修を終えて実務研修に進まれた受講生は9名です。

 

 午前の科目は『社会保障制度』。社会保険労務士の加古朗先生に『社会保険と年金における留意点』についてご講義いただき、ご本人の生活状況を把握しながら必要な手続きを行っていく必要性を改めて感じました。

 皆さんのアンケートでは、「社会保障制度はとても身近な問題ですが、複雑な面もあります。とても分かりやすく説明してもらってよかった」、「わからないことは保険者や年金事務所に聞いてみるということが大事だということが良く分かった」という声が聞かれました。

 

 午後の科目は『対人援助技術』。愛知県社会福祉士会の近藤芳江氏に、成年後見制度の特色、後見人としての基本姿勢、対人援助の基本・コミュニケーションについてお話しいただきました。『後見人等は本人の代弁者であり、権利擁護者であるので本人の意思を尊重して生活や人生を支える存在であることを忘れないように、支援しましょう』、『本人のことを一方的に決めるのではなく、一緒に悩み、考える姿勢が大事』ということは、市民後見人として活動を行っていくうえで忘れずにいていただきたいと思います。

 皆さんのアンケートでは、「コミュニケーションは援助の基本だが、いろいろな技術があるのだと思った」、「コミュニケーションは一緒に考えていくと聞いて安心した」という意見をいただきました。

 

 


| 2020.09.16 Wednesday | 職員の業務日誌 | comments(0) |

第3回 市民後見推進検討委員会が終了しました
2020.08.24 Monday(08:07)

 令和2年8月20日(木)14:30〜16:30、尾張東部圏域の市民後見推進検討委員会(第3回)を日進市障害者福祉センター大会議室において開催しました。最終回でしたが、新型コロナウイルス感染拡大のため幹事市と十分検討したうえで、感染に気をつけての開催となりました。

 

 尾張東部圏域の市民後見人は初めの理念どおり地域福祉の担い手であり、社会貢献型であることが確認され、今後も無報酬での活動を継続していくことになりました。実際受任経験者からは金銭的な報酬を求める意見は少なく、それよりも市民後見人に対する周知が足りない事が指摘されました。

 

 市民後見人のことを広く知ってもらい、社会的評価を得られることこそが大切だと話し合われ、あらためて「市民後見活動そのもののすばらしさや尊さの認知や周知、理解が社会的評価としての意味をもつ」と意味づけされ、地域住民や関係機関による理解促進、市民後見人自身の言語化の促進により他地域や外部からも社会的評価を得られるような仕組みや場作りの検討を進めていくことになりました。 今後、3回の検討委員会の内容をまとめて報告書を作成していきます。

 


| 2020.08.24 Monday | 職員の業務日誌 | comments(0) |