1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>






Total

Today

Yesterday

第3期市民後見人養成研修(実務研修5)を東郷町役場で行いました
2020.11.11 Wednesday(16:53)

 実務研修も5回目となり、いよいよ後半に入りました。今回の研修は「後見業務の実際」ということで演習もあり、受講生の皆さんには今まで以上に熱が入っていたように見受けられました。

 

 さて、午前の講義は「監督人の役割・後見制度支援信託 監督人と市民後見人の関係(監督人への報告内容等)」というテーマで、弁護士の新信 聡(しんのぶ さとし)先生にご講義いただきました。

 市民後見人に対する監督人の業務としては、就任時の財産調査及び財産目録の作成に立ち会うこと、家庭裁判所への報告は監督人(センター)を通じて行うこと、報告書は後見監督事務報告書とともに家庭裁判所に提出すること、そして定期面談を実施して本人の財産の変動状況を確認したり、心身の状況や療養看護の状況について聞き取りを行ったりすることなどが丁寧に説明されました。

 受講生の方からは、「監督人をされている先生からのお話だったので、実例を交えて様々なケースを教えてくださり、具体的な業務のイメージがしやすかった」、「市民後見人の仕事が少し見えてきた。私にでもできるかなと少し期待が持てた」などの感想が寄せられました。

 

 続いて午後の講義は「後見活動のポイントの確認 就任時〜終了時までの手続き 事務報告書(就任時)の作成演習」というテーマで、認定特定非営利活動法人東三河後見センター事務局長で社会福祉士の工藤明人(くどうあきひと)先生にご講義いただきました。

 前半では、身上保護と財産管理が後見業務の2つの大きな柱であることが説明されました。そして後半ではグループワークを中心に、「あなたが成年後見人になったとします。まずやることは何?」という流れから始まる演習を行いました。

 演習では、各自が事例検討資料をもとに財産目録や本人予算収支表の作成に取り組み、就職時の事務報告書を書き上げました。受講生の方からは、「実際にワークシートを作成してみて、実感が出てきた」、「実習をすると、何が分かっていて何が分からないのかはっきりした」、「実に細かな作業をしなくてはいけないなと思った」など、演習ならではの感想が寄せられました。

 

 余談ながら、工藤先生の講義資料の最終ページに、「本人の意思を尊重した『本人中心主義による支援』になっていますか?権利侵害になっていませんか?」という問い掛けが掲載されていました。これを読んだ時、新信先生が午前の講義の冒頭で「被後見人にお金を使わせず、貯め込む、あるいは目減りしないことだけを目的にするのではなく、被後見人の心身の状況、収支状況、過去の生活習慣や価値観等を考慮して安定的な生活を送れるよう配慮すべき」と、実例を交えながら話された言葉を思い出しました。自己決定の尊重、そして財産管理面のみならず身上保護面も十分配慮すべきであることを、今日の研修の最初と最後であらためて肝に銘じるところとなりました。

 

 

 

 

 

 


| 2020.11.11 Wednesday | 職員の業務日誌 | comments(0) |