123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>






Total

Today

Yesterday
<< 第2期市民後見人養成研修 実務講習4の様子をお伝えします | main | 第2期市民後見人養成研修 実務講習6、実務講習7の様子をお伝えします >>

第2期市民後見人養成研修 実務講習5の様子をお伝えします。
2018.10.04 Thursday(11:54)

平成30年6月9日(土)尾張旭市スカイワードあさひひまわりホールAにおいて第2期市民後見人養成研修 実務講習5が次のように進められました。 午前中は、後見業務の実際1、監督人の役割、後見制度支援信託、監督人と市民後見人の関係等について弁護士の新信聡先生にご講義頂きました。

先生は第1期の市民後見人養成研修では実に3度の講義をお願いし、法的な観点からの成年後見制度についてご講義頂きました。私の中では市民後見人といえば新信先生の講義といった感じです(笑)。今回は監督人として、先生が関わっておられるケースにふれて頂きました。後見人として金銭管理を行うことで通帳の整理を行うことがあります。しかし、本人の意思を尊重し、あえて通帳をそのまま残すこともあります。今回の講義の中で監督人としてもその意思を尊重し、あえて整理しない理由について家庭裁判所に報告するという話がありました。監督人として身上監護を大切にしておられる先生の監督人としての姿勢は大変勉強になりました。

 

午後からは後見業務の実際2、事務報告書(就職時)の作成に取り組んで頂きました。 講師は愛知県社会福祉士会の工藤明人氏です。 今回のグループワークは東郷町社会福祉協議会の方にも評価者としてご参加いただきました。 講義の後、演習に入る形で盛りだくさんの内容でした。 申立書類作成の演習を以前に行ったこともあり、みなさん質問がより具体的になってきました。市民後見人としての活動については、次回の講義で手引書を使って説明します。 アンケートを読ませて頂くと、工藤先生の講義はかなり癒されるようです。私も先生の質問の受け答えを聞き、そのやさしさと、皆さんに伝えるべきことが明確で勉強になります。


| 2018.10.04 Thursday | 職員の業務日誌 | comments(0) |
コメント