1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>






Total

Today

Yesterday
<< 第2期市民後見人バンク登録者は19名!これからの活躍が期待されます。 | main | 尾張東部圏域の市民後見人交流会を開催しました。 >>

住民のための成年後見サポーター養成講座(11/17、11/24)を開催しました。
2018.12.14 Friday(12:48)

11/1711/242日間の日程で、尾張東部地域の住民の方に向けた成年後見サポーター養成講座を開催しました。

1日目は“張東部成年後見センターの紹介と成年後見人の役割、⊂祿欧里△詈の権利擁護、成年後見制度の基礎、ぁ愬知症』の医学的理解について、主に講義を通して学んでいただきました。

2日間にわたる講座の始まりに瀬戸市社会福祉協議会事務局長の吉田様にごあいさつをいただきました。

 

講師:尾張東部成年後見センター職員の石井

センターの成り立ちや業務内容、市民後見人の養成についてなどを説明しました。また、後見人等の業務紹介として、実際におこなった後見業務のエピソードを紙芝居風にご紹介しました。

 

講師:障害者支援施設職員の白木さん

障害のある方の特性や得意・苦手なこと、施設という場での意思決定支援などについて、模擬体験や事例をあげて講義していただきました。

 

講師:センター顧問弁護士の加藤先生

成年後見制度の概要、手続き、後見人等の業務・やりがいなどについて講義していただきました。

 

講師:オレンジクリニックの阿部先生

認知症についての医学的な解説、診断と治療の重要さ、症状への対応方法などを講義していただきました。

 

2日目は’知症の理解(認知症サポーター養成講座)、∪年後見と市町村責任についての講義とグループワークを通して学んでいただきました。

 

講師:瀬戸市基幹型地域包括支援センターの鬼頭さん

認知症の理解として「認知症サポーター養成講座」を開催していただきました。認知症サポーター養成講座は認知症になっても安心して暮らせる町づくりをめざして全国的に実施されている取組です。

 

講師:尾張北部権利擁護支援センターの山中さん

認知症の高齢者が増加していく中で本人が安心して暮らしていく権利をまもること、制度の必要な方が誰でも利用できるような体制を市町村の責任として整えることを講義いただきました。

 

グループワーク

成年後見サポーターが地域でどのような活動ができるのか、制度利用が必要な方がどのように制度利用につながるのか、後見人等はどのような支援をおこなっていくのかをグループワークで話し合いをしていただきました。

 

2日間の講座をすべて終了された受講者の方に、瀬戸市役所高齢者福祉課長の中桐様からおひとりずつ修了証を手渡していただきました。

 

講座全体を通して、成年後見制度の対象となる方のことや制度についての知識、制度の実際について理解が深まったとの感想をいただいています。本講座は平成24年から毎年実施しており、本講座で学んだ内容をベースに地域で活動しておられる方、次のステップとして市民後見人養成研修を受講修了して市民後見人候補者として登録されている方もおられます。次年度は東郷町内での開催となります。関心のある方はぜひ受講していただければと思います。


| 2018.12.14 Friday | 職員の業務日誌 | comments(0) |
コメント