123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>






Total

Today

Yesterday
<< 成年後見セミナー「講談で学ぶ 成年後見制度」 豊明市で開催 | main | 成年後見制度をもっと身近に!! 行政・福祉関係者のための成年後見勉強会  >>

虐待対応プロセスのポイント
2019.06.29 Saturday(10:48)

令和元年6月28日(金)日進市図書館 大会議室において「虐待対応プロセスのポイント」を学ぶ事例検討会及び講義が行われました。昨年は成年後見制度利用促進計画策定委員会のワーキングチームの一つである権利擁護支援プロジェクトの中の活動として、3回スーパーバイザーを入れた研修を行いました。今年は促進計画を実現していくための権利擁護支援プロジェクトとして、今回の研修会が開催されました。スーパーバイザーは前回同様、日本福祉大学権利擁護研究センター研究員の上田晴男氏、事例提供者は尾張旭市障がい者基幹相談支援センターのセンター長、村田健郎氏でした。事例検討のあと、上田氏から「高齢者・障がい者の養護者からの虐待防止のポイント」と題して講義がなされました。高齢者と障がい者の虐待の違いや、虐待防止法は支援法であり、決して虐待者を懲らしめるためのものではないといった基本的な考え方は、対応にあたる支援者全員がしっかりと理解していなくてはならないものであると感じました。講義で配られた「虐待リスクアセスメントシート」には「虐待の種」、「虐待の芽」と称してアセスメントのポイントを整理する資料として活用していきたいと思います。

参加者は32名、行政、地域包括支援センター、障害者相談支援センター、介護支援事業所などからご参加いただきました。

なお、直前で会場を変更し、大変ご迷惑をおかけしました。

今年度中に虐待対応研修を企画していますので、またご案内させていただきます。

 


| 2019.06.29 Saturday | 職員の業務日誌 | comments(0) |
コメント