123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>






Total

Today

Yesterday
<< 第3期市民後見人養成研修(実務研修1)を東郷町役場で行いました | main | 第3期市民後見人養成研修(実務研修2)を東郷町民会館で行いました >>

令和2年度成年後見セミナーを開催しました
2020.09.25 Friday(10:00)

 9月18日に尾張旭市文化会館にて令和2年度成年後見セミナーを開催しました。開催予定は6月でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から延期とし、その後開催が危ぶまれながらも、日にちを変更してこのたび無事に開催することができました。今回はホールの座席の間隔をあけ、ホールの扉を開放し、初の試みとしてZOOMで第1部の講演のみをライブ配信するなど、三密を避けて感染防止に十分留意しての開催でした。

 初めに尾張旭市長の森和実氏からご挨拶をいただき、次に当センターの理事長より挨拶を申し上げました。

 第1部の講演は、「後悔のない医療を受けるために」というテーマで「医療における意思決定支援」と題して、京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学教授の成本迅(なるもと じん)先生に登壇いただきました。

 本人の意思決定を尊重するためには時間をかけて信頼関係を築いていくことが大切であること、また自分自身のこととして置き換えて支援していくことが大切であるという言葉は、聴く人の心に深く沁み込み、本当の支援とは何か?と原点に立ち返ることができる大変充実した内容でした。

 講演の後は、第2部としてパネルディスカッションが行われました。パネリストは尾張旭市障がい者基幹相談支援センター長の村田健郎氏、尾張旭市地域包括支援センターの中野真紀氏、公立陶生病院の医療ソーシャルワーカーの水野大介氏、コメンテーターは成本迅先生、コーディネーターは当センター長の住田敦子というキャスティングでした。パネリストそれぞれの所属部署や職務の紹介をした後、「医療現場での意思決定支援の実際」と題したパネルディスカッションが行われ、実際の現場での意思決定支援について具体的な活動を聴くよい機会になりました。

 当日の参加者はZOOMの視聴者を含めて約150名、アンケートでも「自分に置き換えて考えることが大切と気づいた」「話し合うことの重要性に気づいた」など、たくさんの感想が寄せられました。


| 2020.09.25 Friday | 職員の業務日誌 | comments(0) |
コメント